歯医者の裏側教えます

歯医者ならここですよ

歯医者のイメージの今と昔

歯医者と言えばかつては虫歯を治療したり入れ歯をつくってもらう所というイメージが強かったのですが、現在では予防歯科をはじめ審美歯科や矯正歯科、インプラント治療と自由診療の部分も注目されています。全般的に治療を中心としていた時代から、もちろん治療技術も進歩しているのですが、加えて予防を中心とした検診や指導に力を注ぐように変化しつつあります。長寿社会となってきている今、健康寿命を延ばすためには歯は大切な役目を果たします。定期的に受診し、プロのケアを受け、指導を受けた方法を継続するセルフケアが重要視されています。

歯医者さんは怒ったりしない

歯医者にいけなくなる原因の1つが、歯が悪すぎるから。恥ずかしいし、怒られそうだし、とにかく足が遠のきます。怖いし。しかし最近の歯医者さんはどんな歯でもきちんと診てくれるし怒ることもありません。技術の進歩、医療機器の進歩、それだけじゃなく患者の気持ちを凄く汲み取ってくれる様なシステムになってきています。これはどんな種の病院も同じだと思いますが。そこで歯が悪いあなたこそ気軽に予約してみませんか。こんな事ならもっと早くから通っておけばよかった、なんて思うかもしれません。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の虫歯治療について All rights reserved